ナースがキャリアチェンジを決めたとき、手始めに実践すると得する内容といえば

常日頃から自身が行っている仕事に嫌気がさして、さっさと手を打とうとあせっておられるナースが多数いらっしゃるみたいですね。

とは言いつつも、自分なりの目標に基づいたプランを全く組み立てずに、早急に探した内容だけを頼りに新しい病院へ気軽に移動してしまうそうですよ。

一度面接等でしくじることで落胆し、その時期に、今の勤め先で主任から賞賛されたり、仕事仲間から親切にされたりすると、転職を実行に移すのはまた改めようと決意が台無しになる可能性もあるのでは。

しかしその時に考え直してしまった結果、理想とかけ離れたナースキャリアを残すはめになる要因になり得ます。
本番の新たな職探しを行うよりも先に、そうなった所以を明白にしておくのがベストです。これについて的確に自身の内で選り分けられていないと、勤務条件などから募集先を選出するとき判断力が欠け、行く末のナースの人生設計に問題が起こり得る事もあり得るからです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です